My Yahoo!に追加 Add to Google

竹取物語 かぐや姫の生い立ち

今は昔、竹取の翁 (おきな) といふ者ありけり。野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使ひけり。

→ 今となっては昔のこと、竹取の翁という者があったそうな。野山に分け入って竹を取っては、いろいろなことに使っていたという。

名をば、さぬきの造 (みやつこ) となむいひける


→ 名を、さぬきのみやつこ、と言ったそうな。


その竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありける。

→ その竹の中に、根元の光る竹が、なんとまあ一本あったそうな。

あやしがりて寄りて見るに、筒の中光りたり。

→ 不思議に思って近寄ってみると、筒の中が光っている。

それを見れば、三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり。

→ それを見ると、三寸ほどの人が、大変可愛らしく座っていた。

 
翁いふやう、「われ朝ごと夕ごとに見る竹の中におはするにて、知りぬ。子となりたまふべき人なめり」 とて、手にうち入れて家へ持ちて来ぬ。


→ 翁が言うには、「わしが毎朝毎晩見る竹のなかにいらっしゃったので、分かった。(我が) 子 (籠) となられるはずの方のようだ」 と、手のひらに入れて、家へ持ってきた。

 
 (め) の女にあづけて養はす。

→ 妻である女に預けて、育てさせる。

うつくしきこと限りなし。

→可愛らしいこと、このうえない。
 
いと幼ければ籠 (こ) に入れて養ふ。 
 

→ たいそう小さいので、籠に入れて養う。

竹取の翁、竹を取るに、この子を見つけてのちに竹取るに、節を隔ててよごとに金 (こがね) ある竹を見つくること重なりぬ。

→ 竹取の翁が、竹を取るときに、この子を見つけて後に竹を取るに、節を隔てて、節の間ごとに、黄金が入っている竹を見つけることがたび重なった。

かくて翁やうやう豊かになりゆく。

→ このようにして翁はだんだん豊かになっていく。

このちご、養ふほどに、すくすくと大きになりまさる。

→ この幼子は、育てていくうちに、ますます、すくすくと大きく成長していく。

三月 (みつき) ばかりになるほどに、よきほどなる人になりぬれば、髪上げさせ、裳
(も) 着す。

→ 三か月くらいになるころに、(一人前に)ちょうどよいくらいの人になったので、髪上げの(祝いの)日などを占わせて、髪を結い上げさせ、裳を着せる。

(ちやう)
の内よりもいださず、いつき養ふ。

→ 帳台のなかからも(一歩も外へ)出さず、大切にかしずき養う。


このちごのかたち、けうらなること世になく、屋
(や) の内は暗き所なく光にみちたり。

→ この幼子の顔かたちの美しいこと、この世にまたとなく、家の中は暗いところがなく、光が満ちている。

翁ここちあしく、苦しき時も、この子を見れば、苦しきこともやみぬ。

→ 翁が気分が悪く、苦しいときでも、この子を見ると、苦しいことも止んでしまう。


腹立たしきことも慰みけり。

→ 腹立たしいことも慰んだという。

竹を取ること久しくなりぬ。

→ 翁の(黄金の入った)竹を取ることが長きにわたった。

勢ひ猛
(まう) の者になりにけり。

→ 威勢の盛んな長者になったそうな。

この子いと大きになりぬれば、名を三室戸斎部
(みむろどいんべ) の秋田を呼びてつけさす。

→ この子がたいそう大きく成長したので、名を三室戸斎部の秋田を呼んでつけさす。

秋田、なよ竹のかぐや姫とつけつ。

→ 秋田は、なよ竹のかぐや姫とつけた。

このほど三日 (みか) 、うちあげ遊ぶ。

→ この(命名祝いの)三日間、酒盛りをして楽しんだ。

よろづの遊びをぞしける。

→ (詩歌・管弦・舞など)ありとあらゆる遊びを催したそうだ。

男はうけきらはず呼び集
(つど) へて、いとかしこく遊ぶ。

→ 男という男は、誰でも嫌わず呼び集めて、たいそう盛大に楽しんだ。




* 今は昔 = 今となっては昔のことであるが

* ありけり = あったそうな。あったとさ。
         (けり は人から見聞きした話に羽化割れる。)

* まじる = @ 混ざる
        A 分け入る

* つつ = 動作、作用の @ 反復
                A 継続
                  B 同時並行 

* うつくし = 可愛い

* ぬ = 完了の助動詞「ぬ」の終止形

* なめり = 断言「なり」 + 推量「めり」 で、なるめり が音便化して なんめり → なめり に。

* やうやう = @ 次第に、だんだんと
          A かろうじて

* なりまさる = ますます〜になる

* 髪上げ = 女の子の成人式

* さうして(左右して) =  あれこれ手配して

* けうらなる(=きよらなり) = 気品のある美しさ。贅美さ。

* 遊ぶ = <平安時代の場合> 管弦・詩歌・舞などを楽しむこと。







※ ruff ruff よりコメント

光る竹の中に発見された9cmの女の子が、竹のようにすくすくと、たったの3ヶ月で成人になる☆ 
日本最古の物語 「かぐや姫」 あの当時から、日本人の発想って、すごく面白かったんですね!!
”帳の内よりもいださず” → 「箱入娘」の意味合いでございます♪ 今から1500年近い昔から伝わる、日本の文化なんですね☆ 素晴らしいですね!
”なよ竹”とは、「しなやかな若竹」という意味であり、かぐや姫の若く、みずみずしく、しなやかな美しさを象徴しています。
また、竹は成長が速いことから、かぐや姫の成長の速さを物語っています。
”かぐや姫”の名は、光り輝く美しい姿かたちから来ていますが、当時の人々は、夜の闇や、室内の暗さを恐れていたそうで、かぐや姫の体から出る光が輝いて、実際辺りを照らし、人の心をなごませたと言われています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。